話題の小説とか色々出るけど、どんな作品が好きかって人によって違いますよね。好みもあるし、今はこういうのが読みたい!ってのもあるし、そんなときピッタリの作品が現れてくれたらって思うんですが・・・。
だから最近は小説おすすめサイトをチェックするのが、新しい習慣になりつつあります。幅広いジャンルの作品がチェックできるので、読みたいものにも巡り会えちゃう!

小さな幸せを感じる毎日

「成功」したら幸せになるといいますが、幸せを感じる感じ方は人それぞれだと思います。いわゆる一般的に言う成功とは仕事での成功、お金になると思うんです。会社で上り詰めて上役になったり、大きな仕事を任せられたり、その上でお給料が増えたりボーナスが増えたりなど、仕事アンドお金だと思います。でも、それ以外にも成功による幸せの感じ方があります。結婚して貧乏だけど家族と上手く行っている、そんな幸せもあります。一人だけど、誰にも迷惑をかけずやりたいことをやれて自分のことは自分で面倒をみている、そんな幸せもあります。成功と一言に言っても千差万別だということです。そして幸せも人それぞれだということです。私は、何事にも幸せを感じる事が出来るようになりたいと思っています。大きな幸せしか感じれないより、もっと人生が楽しく過ごせそうだから。500円の宝くじに当たって幸せになる、ハッピーエンドな小説を読んで幸せになる、今日の特売品が買えて幸せになる、いつもは売り切れのケーキが今日は手に入ったなどなど、小さな幸せを大事に感じて生きたいんです。幸せになれば笑顔も増える、笑う門には福来る、いい事ももっと来そうでしょ?なので、小さなハッピーもありがたく感じていけるような心持ちで毎日を生きています。

Posted in 日常的な | コメントは受け付けていません。

小説は悲しいときの特効薬

悲しい気持ちの時は良く小説を読んでいます。最近はちょっと落ち込むことがあって、家にいたのですが、その時に私の支えとなってくれたのが小説です。悲しいときに小説を読むほど元気もないという方もいると思いますが、最初の一文を読むとすでにその小説の中に入り込んでいます。これが小説の魅力なのだなと最近は感じています。
一見すると文章で構成されている小説はその他の漫画や映画よりも難しく考える方がいると思いますが、その分言葉の魅力を感じることがあります。例えば洋画を字幕で見ている時「このセリフがピンとこないな」と感じることがあると思います。実は小説ではそういった想像力を掻き立てるために様々な表現がされているのです。
その表現を読んでいるだけでも楽しいですし、悲しい気持ちなどどこかに亡くなっていくようになります。言葉というものには力があって、それによって人の心を救うこともできるのです。最近は悲しい気持ちの時に小説を読むようにしていますが、本来であればもっと楽しい気持ちの時に読めばさらに楽しい気持ちになることができると思っています。仕事で疲れた方や悲しいことがあった方は本屋で小説を手に取ってみるのも良いと思います。それが何物にも代えがたい特効薬になるかもしれません。

Posted in 文学的な | コメントは受け付けていません。

手抜き、時間節約、貯金、全てがまかなえる方法

最近節約レシピにはまっています。いっぱい作って冷凍しておけば時間も短縮できて一石二鳥です。材料もたくさん買った方がお得な時って結構ありますよね。それも利用して、休みの日にドンと作っておくと普段仕事で帰ってきて疲れた日なんかには、電子レンジでチンするだけなので、疲れたと思いながら今日は何を作ろうと考えなくてもいいのでとても助かります。料理って楽しいんですが、献立を考えるのが大変じゃないですか?一旦作りたいものが決まってしまうと後は作るだけでいいんですが、あれとこれを取り合わせて、おかずはこれで小鉢はこれでと毎日毎回考えるのは一仕事です。なので、カレーやシチュー、煮込み料理は炊き上がったお鍋を布団でぐるぐる巻きにして、光熱費も節約の方法でほったらかし料理をします。それを横目に読書を楽しんだり、洗濯をしたりと時間も有効に使えます。誰かに作ってあげるとなるとまた違うんでしょうが、自分用にだけ作るとなると手抜きでもオッケーですしね。この方法のおかげで、貯金もたまる速度が速くなった気がするし、日々の疲れも削減されています。生活リズムにあったこの方法は合っている様なので、しばらくはこれで行こうと思っています。

Posted in 日常的な | コメントは受け付けていません。

役に立つ変わった趣味

昔からニュースや新聞を見るのが大好きで、今でも毎日欠かしません。今の情勢についていきたいとか、株をやってるとか、誰よりも物事を知っていたいとか、ひとそれぞれニュースや新聞に目を通す理由はあると思いますが、私の場合はそんな優れたものではなく、ただボーっと眺めて、色んな出来事や写真などを見るのが趣味なんです。極一般の方が雑誌を眺めて今何が流行っているとか、これからどんなものが良く売れるとか、そういう感覚です。出来事の中にはもちろん楽しい事ばかりではありませんが、それも人生だと思って見て受け入れるようにしています。昔は読まなかったけど、女性週刊誌なども見るようになりました。だって、あれって結構便利ですよね。今の日本のゴシップとかその他もろもろが一気にまとまっていて。もとからあまりファッション系の雑誌は読まないほうだったので、いつも新聞を見ていました。読んでおいて損はないし、特に今最新の情報について行くつもりはないけど、友達とかの会話で知っている事が出ると、「あ、これ昨日の新聞にのってたなー」と内心思うことが多々あります。思うだけで言いませんが。どちらかというと聞き手なので、ふんふんと聞いてる事がほとんどです。でも、内容をわかっていて聞いているのと、わからず聞いているのとでは、友達との会話のキャッチボールの進み具合が違うんです。なので、趣味が役に立っている事はありがたいので、これからも新聞ニュースは欠かせないでしょう!

Posted in 日常的な | コメントは受け付けていません。

物がつなぐ人と人とのつながり

女の子って、色んなものにはまる事がありますよね。色んな形にはまったり色にはまったり、特別なお菓子にはまったりある作家さんにはまったり。はまり方は人それぞれだと思いますが、私は最近星型・星柄の物にはまっています。ピアスだったりネックレスだったり、クッキーの型抜きだったり、星型もしくは星の絵が書いてるのがかわいいと思う事がとても多いです。なんだか子どもっぽい気もしますが、今好きなものはそれなんだから仕方がない!この前は星柄の絵が描いてあるお菓子を買いました。小さい星柄がたくさんついたポーチを買ってみたりしました。最終的に大事なのは、結局自分が嬉しい気分になっているかどうかなんですけど。女の子ですから、かわいいものを見てうきうきしたりわくわくしたり、綺麗なものを手にとって見て嬉しくなったり、とても単純だけど心がほっこりする時間です。子どものころはマンガを集めるのが大好きでした。友達と貸し合いっこをしたり、内容について真剣に話し合ったりなど、一冊の漫画から得た大切な友達との時間は今でも宝物といえます。社会人になると、いつも誰かと全てを分かち合う事はなかなか難しいけど、好きなものがあればきっとどこかで誰かと「そうそう!」と相槌を言える友達がいるはずです。身につけているものや使っているもので会話が始まったりとか。そういった意味でも、好きな物って人と人とをつなぐ一種の架け橋みたいなものとも言えますね。誰か星好きな人いないかな?

Posted in 文学的な | コメントは受け付けていません。

興味をそそる類の本といえば・・・

テレビでやっている実際にあった奇跡とか、不思議な事件とか、とにかく実話が元になっているものにとても興味を惹かれます。テレビ番組はもちろんの事、本選びも同じです。特にこのごろ興味があるのは、動物と過ごした記録を残したもの、犬やネコは身近な動物としてよく本でも見かけます。でも最近読んだ中でおもしろかったのは、フクロウをメインとしたお話の本です。日本ではなかなかフクロウを飼ってる方に出会えませんよね。なので、不思議な部分にも興味を惹かれ読んでみました。さすがに犬やネコと違って、生活リズムも違うし、鳥としてはかなり大型です。なのでお世話も大変そうでした。でも、とても感動的な本で、最後にはうるうるしてしまいました。私も子供の頃何度かいろんな動物を飼った事がありますが、本にするなんて程特別な何かがあったわけじゃないし、ましてや文章にしてそれを世間の人々に伝えるなんて、到底無理な話です。自分が出来ないからこそなお、一層そういった本に興味を惹かれるんでしょうかねぇ。ペットを飼えば、いつか別れが来る。でも、少なくともその出会ったご主人様と幸せな一生を過ごしていけてれば、別れもまた、受け止める事が出来るんじゃないでしょうか。精一杯できることをしてあげる、それが家族とも呼ばれるペットにしてあげる最大の幸せだと思います。

Posted in 文学的な | コメントは受け付けていません。

だまされやすいんです!

私、だまされやすいというか、ひっかかりやすいというか、おっちょこちょいというか、何でも信じてしまうというか・・・。たぶん消費者の鏡だと思いますよ(笑)!かというのも、あれがいい、これがいいと聞くとなんでもつい買ってしまうんです。本屋へ行くと、新刊の本の案内とかで、期待の新人!とか、待望の長編推理発売!とか見ると、ついつい手が出てしまって、そのままレジへ・・・。化粧品とかお菓子とかも、口コミとか上手い宣伝にのせられて買うこともしばしば(というかほぼ全部?)。まぁ、それで良き本に出合えたり、おいしいお菓子を発見できたり、お肌にあうる化粧品を見つけたりと、いろいろトライした分それなりの結果は出せてると思いますが、こう流されすぎるのもどうかと思うんですよね。でも、そうじゃないと、一回何かを好きになるとそれしか食べないし、気に入った作家さんを見つけてしまうとその人の本しか読まなくなる、など、挑戦心をすっかり忘れてしまって、ひたすら同じものばかりを続けてしまうんですよね・・・。化粧品はそれでもいいと思うんですが、季節の変化とか体調とかで見るべきだろうし、違うものを使ってみるのも必要なときがあるはず。こう、中間が無いんですよね。めんどくさい性格です(笑)。でもまぁ、試してわかる物のよさというのもありますから、なんて自分を正当化してますが、無駄遣いしすぎないよう気をつけます。

Posted in 文学的な | コメントは受け付けていません。

人を惹きつけるのは内面!!

私には、一人、とっても裕福な家庭に生まれた友達がいます。付き合いも長くもう何年にもなります。今まで、こんなに長く友人関係が続いているのは彼女の人柄のおかげだと思います。今まで、何人かお金持ちのお友達を持った事はありましたが、「裕福」である事に鼻をかけている事が多く、なかなか長く友人関係を持てる事が無かったんです。なんというのでしょうか、基本的「価値観」が違うというか・・・。普通は、「コンビニにお菓子買いに行こう」が、デパートの有名店のお菓子だったりして、一般家庭の人達にはついていけないような事があったのです。でもこの子は、そんな事も無く、ごく普通の感覚を持っていて、一緒にコンビニにも行けるし、普通の格安スーパーへ出かけることもできます。聞いたところによると、彼女のお母さんのしつけが良かったみたいです。地に足をつけた人で、たしかにいつお邪魔しても、気さくで、優しくて、憧れるお母さんて感じでした。私の友達も、将来母のような女性になりたいと言っていました。娘から憧れられる母親ってすごいなぁと思います。私的には、彼女は彼女でとってもいい内面を持っていると思っています。そのまま変わらず、いて欲しいと思っています。そして、友人関係も、おばあちゃんになっても続いていればいいなと思います。

Posted in 日常的な | コメントは受け付けていません。

出不精な私のいいところ

みんなは休みの日何をしますか?ショッピング?ピクニック?デート?私は「超」がつくほどの出不精で、休みの日はほとんど家で過ごしています。コンビニすぐそこなのに、化粧するのもめんどくさいし、家着から着替えるのもめんどくさい。趣味は読書だから、とってもインドアだし、表に出る必要が無い・・・。休みの前の日に、スーパーでおやつとかかってくるので、特に出なくちゃいけないことも無いとなると、それこそ24時間家にいてます・・・。私の姉妹や両親は出かけるのが大好きで、休みの日といったら、出かけていました。買い物、ドライブ、映画、図書館、とりあえずなんら理由をつけては出かけていました。そんな家族の中に育ったのに、私だけなぜ出不精になってしまったんでしょうか??謎です。一人暮らしを始めて、それがなお一層きっつくなった気がします。だれも「出かけるよ!」って誘ってくれないし、だれも朝起こしてくれないし、寝たい放題、家にいたい放題です。たま~に友達から電話で遊びに行こうよ、もしくは遊びに来てもいいかと連絡が入ると、行くんじゃなく来て!っと誘います。そのかわりおいしいご飯作るからって。はぁー・・・、この出不精、まだまだ直りそうにありません。でも、友達が遊びに来てくれるおかげで、自炊のレパートリーは増えた気がします。良し悪しですね(笑)。

Posted in 文学的な | コメントは受け付けていません。

実家の庭が役に立つ

私の実家は、とーーーーっても田舎にあり、庭もそれなりに広くて、庭というか、雑木林みたいになっています。変わった木や、草花が咲いていて、春夏秋冬といつも違った顔を見せてくれます。最近、やっと花を生けるという事の意味を理解し始め、実家に帰ったときは生け花の本を片手に庭を散策する事が増えました。本に載ってるような色とりどりの花や、色んな太さの木や葉はありませんが、限られた素材の中から何を創造できるかが、私の挑戦なのです。生け花をちゃんと習ったことはないので、自己流ですが、自分なりに綺麗だとおもうものを花瓶につきさしてます。基本的にざっくばらんな性格なので、本格的に生け花をする事は無理だと思います(笑)。でも、最終的には自分がみて、バランスがいい、整っている、と思えればいいかなぁと思って。母や父にも見てもらっていますが、笑ってあしらわれます。ま、自己満足の世界だということです。今住んでいる自分の家では出来ないので(家の周りに草花が少ない)、実家に帰ったときだけですが、結構楽しんでいます。両親は、それが理由で私が実家に帰ってくる機会が増えたので喜んでいます。一石二鳥ですね。これからも雑草で、生け花楽しもうと思います。

Posted in 文学的な | コメントは受け付けていません。